ビジネスマナー検定

ビジネスマナーには検定もあるのです

スポンサードリンク

多くの会社が入社後にマナーについての講義を行います。にも関わらず、マナーどころか常識を理解していない人が増えてきたように感じます。育った環境や交友関係など人それぞれ関心や観点が違うので、致し方ないのかもしれません。しかし、ビジネスではマナーや常識は必須であり基本中の基本となります。一生を左右するかもしれないマナーや常識と言っても過言ではないでしょう。

 

さて、では、入社後の数時間あるいは半日という期間での講義で、マナーは身に付くのでしょうか。先ほども述べましたが、各自の感性にも関係しているため、学習が必要な場合とそうでない場合があるように思います。

 

怪我をすると痛いというのは、怪我をしたことがある人でなければ理解できないように、どんな行いが他人にとっては不愉快なのか、失礼なのかは、日々の学習で習得するものだと思います。

 

そのようなナマーや常識にも検定があります。ビジネスマナーに関する検定もあり、マナーの検定というと女性を対象としたものが多いようですが、男性こそビジネスに限らず海外赴任などでも役立つマナーや常識の知識を身につけ、資格としてアピールするのもよいのではないでしょか。価値観が多様な時代だからこそ大切となるマナーです。専門分野の資格に加え、マナーに関心を持っているとアピールできれば、ビジネスでのチャンスは大きく広がるはずです。

 

マナーや常識の知識は、年齢が高くなるほど求められるものです。一般企業、大手企業の役職者を見ると違いを感じられます。どこか品格があり、振る舞いはスマートです。経験を重ね身につけたマナーであったとしても、マナーや常識は生涯にわたって役立つものです。専門的知識にも重みはありますが、人間としての大人としてのそういった知識には、何にも代えがたい重みがあるように思います。挑戦してみるのもいいかもしれません。

スポンサードリンク