敬語が基本

ビジネスマナーでは敬語が基本

スポンサードリンク

尊敬語と謙譲語の違いが曖昧という方が多いのではないでしょうか。
尊敬語は相手の行動や持ち物に対して敬意を表すものであり、謙譲語は自分の動作に対して使うへりくだった表現で、相手を上位として扱うものです。また、丁寧語は「お」や「ご」をつけて丁寧に表現することであり、自分と相手の関係に影響されません。

 

最近増えているのは、尊敬語と謙譲語を同時に使うことです。「お客様がまいりました」とか広告でよく見かける「お求めやすくなりました」などです。「まいりました」は謙譲語であり、「お求めになりやすい」が正しい言い方です。

 

丁寧な言葉を使っているようでも間違った尊敬語や謙譲語と混同している言葉には、やはりどこか違和感があり、ともすれば敵意をもたれることもあります。美しい言葉は心が和みます。正しい敬語で接する人には自然と好感を抱くようになります。なんでも「お」や「ご」を付ければいいというものではなく、正しい尊敬語を身につけることが、大袈裟な言い方かもしれませんが、ビジネスの世界では成功を左右するポイントとなります。

 

 

尊敬語

謙譲語

丁寧語

行く

行かれる・いらっしゃる うかがう・参る 行きます

来る

来られる・見える・お見えになる 参る 来ます

する

される・なされる いたす します

いる

いらっしゃる おる います

見る

見られる・ご覧になる 拝見する 見ます

言う

言われる・おっしゃる 申し上げる・申す 言います

会う

会われる・お会いになる お目にかかる 会います

思う

思われる 存じる 思います

食べる

召し上がる いただく 食べます

尋ねる

お尋ねになる お尋ねする 尋ねます

聞く

聞かれる・お聞きになる うかがう・拝聴する 聞きます

読む

読まれる・お読みになる 拝読する 読みます

 

ビジネスの世界では、相手が社外の人かどうかに関係なく、相手のことは尊敬語、自分のことは謙譲語を使うのか原則となります。同僚に対しても節度のある会話が必要です。親しき中にも礼儀ありと言われるように、丁寧語や美化後を使い、相手を尊敬することが大切です。職場では、くだけすぎた会話を不快と感じる人もいるので注意が必要です。

スポンサードリンク