新入社員のうちに習得すべし

ビジネスマナーは新入社員のうちに習得すべし

スポンサードリンク

マナーとは相手への心遣いです、人と会った時に挨拶をするのは、友人だから、同僚だから、上司だからではありません。知らない人だとしても挨拶は相手を気遣う、思いやる気持ちから出てくるものです。ここで、知らない人全員に挨拶するのがマナーなのかと疑問がわきます。そこは常識の範疇になります。常識とは、社会において人の間に広く承認され、当たり前として持っているはずの知識や判断力を言います。人によって常識は異なりますので、「常識では考えられない」といった言葉を聞くことになります。常識は良識とも言われます。専門的知識ではない一般的知識、理解力、判断力など、社会維持のための共通の認識として心得ておくことが大切でしょう。

 

就職すると新入社員は様々な研修を受けることになります。その中にビジネスマナーを組み込まれている企業は多いです。規模が大きくなるほどマナーには厳しいようですが、ビジネスに限らず一般でも共通することが多いマナーですので、きちんと学習することをおすすめします。

 

そして、マナーは所属している会社のルールではありません。どこへ行っても通用する作法です。以前勤めていた会社ではこうだったと、それをマナーと勘違いしていると恥ずかしい思いをすることになります。きとちんとしたマナーを習得することにより会社での評価はもちろん、人間としての品格を向上させることができます。

 

いつどこで誰が見ているかわかりません。常に会社の顔、会社の代表であるという意識を持ち、現代風でいう痛い人と思われない社会人を目指しましょう。

 

スポンサードリンク