名刺交換

ビジネスマナーとして意外と教えてもらえない名刺交換

スポンサードリンク

挨拶はビジネスでは基本です。まず初めの大切な仕事となります。そして、名刺交換、自己紹介は、あなたの売り込み、会社の売り込みをする貴重な機会となります。そこから信頼関係は作られ、是非とも好印象を残しておきたいところです。印象が良いと相手は声をかけやすいですし、次回は好んで声をかけてくれます。

 

初対面の際の印象は、第一印象としてその人を決めるものとなります。名刺交換での印象が悪ければ、次回がないかもしれないという危機感を意識して、きちんとした名刺交換をしましょう。

 

名刺交換の流れは、①準備する、②名刺を渡す、③名刺を受け取る、④お礼を述べる、となります。
①すぐに名刺を取り出せるように名刺入れは手元へ用意しておきます。出した時に名前が相手の方に向いているように準備します。
②名刺は片手で持ち、もう片方の手を添え、名刺の正面を相手に向けて差し出します。そして、社名、部署、氏名を名乗ります。相手が先に出された場合は、相手が差し出した名刺の高さより低い位置で差し出します。謙虚さを表すことができます。
③名刺は両手で受け取ります。お互いが差し出している場合は、右手で指し出し、左手で受け取ります。
④名刺を受け取ったらすぐに「頂戴いたします。よろしくお願いします」とお礼を述べ、おじぎをしましょう。

 

名刺を渡す順番は、訪問した人、目下の人から渡すのが原則です。上司と同伴した際は、上司が先に名刺交換します。

 

受け取った名刺はすぐに名刺入れにしまいこまず、しばらくは手元に置いておきます。1枚なら名刺入れの上に、複数なら席順にテーブルに並べておくと顔と名前が一致して話しやすくなります。

 

名刺入れは枕です。建物の外での名刺交換になった場合、受け取った名刺は名刺入れの上に置きます。複数の人に渡す時は、名刺入れの下に枚数分を用意し、下から出すようにします。出しかけて先に相手に差し出されたら、一端名刺入れの下に持ち替え、相手の名刺を受け取ってから、改めて「申し遅れました」と添えて自分のを差し出します。また、渡す際に、名刺入れの上に乗せて渡すと丁寧な印象を与えます。

 

名刺を忘れた場合は、忘れたという正直に告げるより、「ただ今、切らしております」とお詫びする方が、相手の心象は良いです。その後お詫びの手紙を添えて名刺を郵送しておきます。

 

名刺を出し忘れていたり、タイミングを逃してしまうなどすぐに名刺交換できない場合があります。帰る間際に「恐れ入りますが、お名刺を一枚いただけないでしょうか?」と依頼してもマナー違反にはなりません。

 

汚れた名刺や端が折れている名刺を出すのはよくありません。また、財布や定期入れから出すのもよくありません。もし逆の立場だったら、おざなりな印象を受け、相手に対してもあまりいい印象を持てないはずです。名刺に汚れ、破損はないかチェックすることもマナーです。

 

名刺はあなたの顔、分身とも言います。いただいた名刺も同じです。大切に扱いましょう。

スポンサードリンク