お茶の出し方

お茶の出し方にもビジネスマナーはあります

スポンサードリンク

受付からお茶の出し方により会社の印象が大きく変わります。失礼のないお茶の出し方を覚えておきましょう。

 

お客様をお待たせする時は、お客様の人数分を先に出します。担当者が入室したら、改めてお客様と担当者のお茶を用意します。お茶に手を付けていなくても新しいものと差し替えます。担当者がすぐ来るとわかっているなら、全員が揃ってから出してもかまいません。

 

お茶を運び方
・お盆には手前に茶碗、茶托を奥にのせます。ふきんはお盆の下にはさんで持ちます。お盆は両手で胸の高さに持ちます。お茶に自分の息がかからないよう胸から少し離して持ちます。茶碗と茶托を別にするのは、運んでいる途中でお茶がこぼれた場合、お出しするときに茶碗の底をふきんで拭えばいいからです。
・ドアをノックします。ドアが開いていてもノックします。
・軽く会釈して入り、後ろ手で静かにドアを閉めます。
・そこで正面に向かってお辞儀し、「失礼します」と挨拶します。

 

お茶の出し方
・サイドテーブルがあればその上にお盆を置きます。茶碗を茶托にのせ、一つずつ出します。サイドテーブルがない場合は、テーブルの端に置くか、置き場所がなければお盆を片手で持ちます。
・出す順番は、上座の来客からです。最後に社内の人に出します。
・右手で茶托を持ち、左手を添えて、右側から出すのが原則です。無理な場合は左側、正面からでもかまいません。片手でお出しする場合は、「失礼します」など言葉を添えてだします。
・茶碗の柄は正面に、置き場所は、来客の中央より右よりで、手元から少し離して置きます。書類が広がっている場合は、置ける場所へ置きます。

 

退室
・お盆は左手に持ちます。
・2、3歩後退して、軽く一礼し、後ろ向きに帰ります。
・出口で会釈して退出します。

スポンサードリンク