席順(席次)

ビジネスマナーとして確認しよう!席順

スポンサードリンク

それぞれの地位、立場が違うビジネスシーンでは、場所とシチュエーションに応じた臨機応変な席次が重要となります。その人にふさわしい失礼のない席にご案内するよう基本を押さえておきましょう。

 

基本、入り口の近くが下座で、社内の担当者が着席し、入り口から遠い上座が来客用です。応接室であっても、事務所内の応接コーナーであっても基本は入り口の近くが下座で、遠いほうが上座になります。ただし、入り口の位置関係により社内の仕事風景が見える場合は、見えない位置を勧めます。窓や絵画を正面にして気持ちが休まる位置を上座とする場合もあります。

 

エレベータにも席次はあります。出入り口を正面にして右奥が上座にあたります。左奥、左前、右前の順になります。案内する人は操作盤の前に立ちますが、お尻を見せるのは失礼なので体を少し斜めにすると感じがよくなります。

 

タクシーでは、助手席に座った人がタクシー代を支払い、上座は運転席の後ろになります。安全性と乗り心地が判断基準になります。しかし、自家用車では勝手が違います。運転する人がプロでない場合は、社内の人間だけであれば立場や地位、年齢が上の人に、お客様が同乗される場合はお客様に助手席に座ってもらます。

 

電車や飛行機、バスでは、進行方向に顔が向く窓際の席が上座になります。

 

会議室での席順は、応接室とは異なります。対面型の場合は、中央が上座になります。円卓の場合は、議長が一番奥の席に座り、議長に近いところから順に上座となります。コの字型の場合は、議長が一番奥の中央に座り、議長の隣の席は、右側が上座となります。打ち合わせは会議室で行うことも多いので覚えておきましょう。

スポンサードリンク