服装編

ビジネスマナーの服装編

スポンサードリンク

お洒落な服を着るとテンションがあがる人がいます。ビジネスでも同じです。服装やヘアスタイルはその人の印象になり、周囲の人から評価される要素の一つです。まず外見を整え、自分のやる気を高めましょう。

 

まず、外見は清潔感を与えるものでなければなりません。洗い立てのシャツでもしわだらけだと清潔感があるとは言えません。乱れた髪も同様です。業種や会社の社風により違いますが、自分が気に入るではなく仕事にふさわしいという基準で判断することが大切です。

 

ビジネス社会ではオーソドックスな服装から始めると無難です。一般的な紺色・グレー・茶系統のスーツで、柄物を選ぶ場合もなるべく無地に近いものにします。ワイシャツは白をおすすめします。色物を選ぶ場合は、淡いブルー・ベージュ・クリーム色程度にしたほうがよいです。見る人によってはカジュアルと感じますので、初めは白がよいでしょう。

 

女性の服装は、入社してしばらくはブラウスにスカート、活動性を考えてカーディガンを羽織るというスタイルもよいものです。改まった席に出るときにはオーソドックスなスーツが好ましいでしょう。スカートとパンツ、ジャケットなどセットになった多機能スーツや何通りも組合せのきくセパレーツのスーツなど便利です。

 

人は服装によって、瞬間的に常識や信用を見定めます。上品さが加わり信頼感を感じます。誰にでも好感をもたれる服装を心がけるのがビジネスではマナーですし、自分をアピールする機能の一つでもあります。派手な化粧やアクセサリーで飾ったとしても、それは上品の評価対象にはなりません。むしろ必要のないものです。その場、その状況に合った服装、身だしなみが、上品さを感じさせ信頼感を得るのです。

スポンサードリンク